「寝たきり社長 佐藤仙務の挑戦」

5月29日 単行本が発売されます。
「寝たきり社長 佐藤仙務の挑戦」 著者:塩田芳享

Amazonにて予約受付開始 http://amzn.asia/3ZKlAH3

著者の塩田さんは、ジャーナリストでもありテレビ番組制作にも携わっておられます。

71tlUM1HYiL

塩田さんは、僕のことを障害者だからといって「特別」扱いされません。
厳しいこともバンバン言ってくださいます。

僕を「寝たきり」「障害者」「社長」だからではなく「一人の人間」としてみてくださっています。
この作品では、僕がなぜ「寝たきり社長」として世の中に出たのか?
それを暴いてくれています。

僕では書けない視点で、僕のこと、
障害者のことをリアルに伝えてくださっていると思います。

「障害者のイメージが変わる」
「障害はハンディではない、武器になる」

そんな作品になっていると思います。

「障害者」がどう生き、どう働き、才能をどう開花したら良いのか。
そのヒントが詰まっている作品です。

「障害者」のことを深く知りたい方は、
ぜひ手にとってみてください。


塩田さんとは、3年ほど前に出会いました。
当時23歳の僕は、「夢の扉+」という番組に出ることが夢でした。

その番組では、教授、研究者、有名な社長などが取り上げられていました。
僕は、Facebookで塩田さんが「夢の扉+」のディレクターをされていると知り、
思い切って塩田さんに連絡を取ってみました。

塩田さんに頼んだからといって、正直最初は番組に出られるとは思っていませんでした。
けれど、大切なのは「行動すること」。

すると、丁寧にお返事をくださいました。

その数日後に東京に行く予定があることを伝えると、
なんと会ってくださることになりました。

10996527_773833489378400_5753433815282951914_o
(2015年2月、塩田さんと東京で初めてお会いした時の様子)

会って話してみると、やはり「番組出演は難しい」という話になりました。
僕は「じゃあ、どうしたら出ることができますか?」と聞いてみたら
塩田さんは「一緒に考えよう」と言ってくださいました。

そして、なんと翌年、「夢の扉+」に出演することができました。

本当に夢のようでした。

番組出演後も、塩田さんとの付き合いは続きました。
僕は、塩田さんといるとモチベーションが上がります。

一人の「経営者」として見てくださっているからかもしれません。
障害者だからといって、待っているだけでは仕事は取れません。

自分から動かなくては。

「障害者」というハンディを「武器」にする。
それが、僕の仕事のやり方なのかもしれません。


5月22日・火曜夜10時 
日経スペシャル「ガイアの夜明け」 出演予定です!(塩田さんディレクター)

佐藤仙務
(ライター:朝倉美保)

2 件のコメント

  • 夜分にすみません
    佐藤社長さんはじめまして
    私も 脳梗塞で少し障害が
    障害はハンディではないという佐藤社長さんの言葉に感激を
    ハンディを感じさせない佐藤社長さんは凄いと
    優しくお婆ちゃんに語りかけるスタッフも 人柄がにじみ出ていて
    私もお婆ちゃんとかと話すのは好きです
    仕事も自分から辞めた訳ではなく首になり
    佐藤社長さんのように
    自分で事業を起こす才能もなく
    本当に障害を持った人には冷たい世の中だし
    職につけるか不安で
    私はパソコンでネットしか見れず
    あるスタッフのグラフィックデザインも素晴らしく
    学びたいぐらいでした
    名刺も凄く素敵なデザインで
    あの素敵なデザインの佐藤社長さんの名刺があったら是非とも欲しいと思いました
    これからも佐藤社長さんのご活躍応援しています
    こんな時代だからこそ宛名書きを手がきでと
    でもなかなかそんな仕事ないですものね
    佐藤社長さんはメールの返信が早いんですね
    私はメールを打つ時間が長いように思います

    私も佐藤社長さんを見習いポジティブに考えます

  • 私は障害者雇用で図書館で働いて居ます。
    中学生の頃から精神障害に苦しみ、
    29歳でやっと社会で雇用されました。
    現在31歳です。
    佐藤さんのことを最近テレビで知り、
    衝撃と感動を受けました。
    私も、障害を理由に逃げたりせずに、
    これからも毎日働いて行こう、
    楽しく目標を持って暮らしたい。
    と、佐藤さんのお話を聞いて、
    前向きになりました。
    私も頑張ります。
    メディアに出て来てくださった
    佐藤さんに、感謝します。
    これからも、どんな事をしてくれるのかと
    楽しみにしています。

  • コメントを残す