100点と100円

最近、大学院の期末試験を受けたのですが
それをきっかけに、祖母のことを思い出しました。
今回は、その時思ったことをお伝えしたいと思います。


僕の祖父母は、農家で、家の近くに住んでいました。
そして、孫をとても可愛がってくれました。

僕の兄弟は五体満足なので、小さな頃からよく農業を手伝っていました。
その度に、お小遣いをもらっていました。

でも、僕はお手伝いができません。

僕が小学校にあがるとき、祖母がこう言いました。
「100点取ったら、100円あげる」

S__10821638
(祖母と、5歳当時の佐藤仙務)

小学生にとっての100円は、とても大きな額でした。
100円あれば、いろんなものが買えます。

僕もお小遣いがほしくて、テストを頑張りました。
低学年のときは、そんなに努力しなくても100点が取れました。
でも、高学年、中学生になると、結構努力しないと100点が取れなくなっていきました。
高校生にもなると、ハンパな努力では100点は取れなくなりました。

僕は年齢が高くなるにつれて
「べつに、100円もらえなくてもいいや」と思うようになり
あまり努力をしなくなりました。

数年前に祖母は亡くなったのですが
大学院で修士号を目指すようになり、テストを受けるようになったので
ふと「なんで100点でないと、100円もらえなかったのだろう?」と思い出しました。

そして最近、大学院の期末テストがあったので、
久しぶりに「100点を目指してみよう」と、努力してみました。

そうしたら、なんと!
100点を取ることができました!

IMG_2928.jpg

僕は忘れていました。
「1番を目指すために、どれだけ1つのことに真剣に取り組むか」を。

僕は身体障がい者です。
障がい者は「そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われやすいのです。

でも、祖母は障がいを抱える僕に
「100点取れるほど努力したら、いいこともあるんだよ」と伝えてくれていたのかな?
と気づきました。

今の世の中、障がい者は「Only One を目指せばいい」と言われています。
これって「1番でなくてもいい」と思う人が多いように思います。

でも「Only One」になりたいのなら、
なんでもいいから得意なことで「1番を取るべき」だと思うんです。


祖母は「100点で100円」から
僕にとても大切な考え方を教えてくれていました。

・自分の「できる」ことで「トップを目指す」大切さ。

・「得意なこと、できること」を自分で探す大切さ。

・一生懸命に努力して、トップを目指す気持ちよさ。

障がい者だから「努力しなくていい」なんてことはない。
障がい者も「トップを目指していい」。

僕はこれからもトップを目指したい。
いろんなことに挑戦してみたい。
一生懸命に。

祖母に伝えたい。
「ありがとう。」

佐藤仙務
(文章:朝倉美保)

  • こんにちは。
    youtubeで寝たきり社長に関する動画を視聴し、こちらのサイト訪問しました。

    岡部と申します。

    私の体は多少動きますが、生まれながらの難病が進行して現在は障害1級の扱いになっています。

    仕事は家族の力を借りながら8年前から個人事業主としてネットで物販しています。
    微力ですが、もし何か協力できることがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

    また、以前にも社長の動画を視聴したことがあり、その時の「あるものに感謝して生きた方が幸せになる」の言葉に救われています。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す