「自薦ヘルパー」の利用で、要介護でも毎日を楽しめる!

みなさんは「自薦ヘルパー」というのをご存知ですか?

僕は4年前くらいから「自薦ヘルパー」を利用しているのですが、
今までの生活が一変するくらいに、自由に日々を楽しめるようになりました。

例えば、ヘルパーさんと一緒に、
行ってみたいお店に行ったり、ランチやカフェを楽しんだり、
食べてみたかったラーメン屋さんにも行くことができました。

一番大きく変わったことは、

大学生との交流が増え、とても新鮮な日々を過ごせるようになりました。

IMG_1486.jpg

(椙山女学園大学の食堂にて教授や学生さんとランチ)

僕の身体障害の等級は、障害手帳1種1級、障害程度区分は6。

重度の障害とされていて、要介護が「常時介護」です。

身体障害の区分は、障害種別ごとに決まっています。

http://www.crayon-box.jp/seido/tetyou/toukyuuhyo.htm

(参考:くれよんBOX

この障害区分・等級に応じて、ヘルパーの要介護認定が行われ、介護時間が決定します。

通常、訪問介護をお願いしたい時は、

訪問介護会社に電話して、来てもらいたい日時を依頼し、対応できる人が派遣されます。

しかし、

介護会社も人手不足で、なかなか来てもらいたい時に人材がいるとは限りません。

なかなか時間調整も難しく、長時間ヘルパーさんに来てもらうことは困難でした。

何社にも依頼をして時間調整しなくてはいけなかったり、ヘルパーさんにお願いできない時があったり・・・

不便すぎる!!!

と、いうことで始めてみた「自薦ヘルパー」。

やってみたら、僕の要望が通りやすいし、自分で人材も時間もコーディネートできるのでQOLがとても上がりました。

始める時は少し大変ですが、

ヘルパーの人材が揃えば、とても便利な日々が待っています。

S__43196425

(東京から遊びに来た院生同期と名古屋港水族館へ)

では、どうやって始めたらいいか、
僕なりのやり方をご紹介します。

【始めかた】

①ヘルパーさんの募集をします。

 ・希望のヘルパーさんの条件を決めます

 ・インターネットサイトで募集します

https://jmty.jp/aichi/rec-nurs/article-7q0ck

(「ジモティー」 利用料:無料)

面接をして、採用・不採用を決定します。

 ・お互いに気が合うか確認します

 ・条件の確認をします

 ・障害のこと、医療ケアのことなど、介助して欲しいことを伝えて確認します

 ・すぐに辞めることにならないか、じっくり検討します

 ・何人か採用します(僕は3〜4人採用しています)

「自薦ヘルパー」を登録できる訪問介護会社を探します。

 ・地元の訪問介護会社に電話して、登録可能かどうか聞いて行きます

   (僕は、100200社ほど電話しました)

http://www.wam.go.jp/shofukupub/

(参考:WAM NET 利用しました)

採用した人に、訪問介護会社を紹介し、登録してもらいます。

曜日・時間ごとに、自分で採用ヘルパーさんをコーディネートして利用します。

ヘルパーさんへの給料は、登録した会社から支払われます。

登録した会社は、利用分の介護報酬を受けることができるのでメリットがあります。

最初、始める時には手間も時間もかかりますが、

ヘルパーさんが決まると、とても楽になります。

ヘルパーさんとの相性の心配もなくなりますし、

自分が採用した人に来てもらえるので安心感もあります。

ただ、ヘルパーさんが自己都合で辞められた時には、介護会社に謝罪に行ったこともありますので、長期続けてもらえる人を自分でしっかり見極める必要があります。

その点だけ気をつければ、大丈夫です!

僕の場合、講演会や営業活動をしていますが、その時はヘルパーは利用できません。

こういう時は、親に同行してもらっています。

そのほかの時間は、ほぼヘルパーさんに付き添っていただいています。

「自薦ヘルパー」は、始める時がとても大変です。

ここが難点だなぁ、と思っていたら、

北海道札幌市に最先端の制度「パーソナルアシスタンス制度」というのを知りました。

http://www.city.sapporo.jp/shogaifukushi/jiritsushien/1-4-1_pagaiyou.html

(参考:札幌市ホームページ)

平成224月から始まったのですが、

訪問介護事業所を通さない重度障害のある方の介助制度です。

ヘルパーの資格がなくても介助者になれます。

「自薦ヘルパー」と同じような仕組みなので、ぜひ全国でも広まったら嬉しいなと思います。

東海市にもできたらいいなぁ。(東海市長さん、お願いします!)

佐藤仙務

(文章:朝倉美保)

  • はじめまして。知人の数名の重度身体障害者が、複数の事業所と契約しながらも度々ヘルパーさんのロストに陥り、どこも逃げると嘆いています。直接ヘルパーさんとの個人契約もあるとか…
    フェイスブックでシェアさせて下さい。
    [小川 琢美]

  • コメントを残す