障がい者ICT支援サークル「YELLTECH」with 椙山女学園大学

現在、椙山女学園大学の先生・学生と一緒に、障がい者ICT支援サークル活動をしています。
サークル名は「YELLTECH

僕は、「YELLTECH」のアドバイザーを務めております。

2017-08-24-12.23.32-2000x1500
(椙山女学園大学で行われた、第一回目の当事者支援)

「YELL」は「応援」、「TECH」は「テクノロジー」の意味です。

サークルの目的は、「最新テクノロジーで障がい者を応援する」こと。
現在、取り組んでいることはパソコンの「視線入力」です。


(佐藤が闘病中、初めて視線入力Orihime eyeを使った時の映像)

椙山女学園大学とのご縁は、Facebook。(Facebook様さま、です笑)
僕の2017年度の目標が「大学とのネットワークを作る」だったのもあり、いろんな方とコンタクトを取らせていただきました。

その中で、「対等にお話をしていただけたな」と感じた先生と出会うことができました。
それが、椙山女学園大学の名誉教授、中島先生でした。

そして、最初に大学へご挨拶に行ったときに「ICT支援活動をしてみたい」とお話ししたところ、
「サークル活動をしてみよう」というお話になりました。

18814756_1344258145669262_8806046467546405992_o
(2017年5月、初めて椙山女学園大学へお伺いした時の様子)

僕自身、顔と親指しか動きません。
身体は動かなくても、意思も考えもたくさんあるので、それを言語化できるツールとして「パソコン」を使っています。
だから、僕自身も、この「視線入力」を使っているところです。

今後、障がい者、障がい児にも、この「視線入力」を広めて行けたらいいな、と考えています。
「身体」「手」が動かなくても、マウスやキーボードが動かせなくても、「視線」だけでスラスラとパソコンが使えるようになります。

例えば、教科書をめくりたくてもうまくめくれない時、パソコン上でなら視線でペラペラめくることができます。ノートもパソコンで書くことができます。

そういうことを考えてみると、この「視線入力」は病院、支援施設だけでなく、特別支援学校にも導入できればいいな、と考えています。


(名古屋市立大学病院での視線入力デモンストレーション)

そのためには、資金援助が必要になってきます。
【資金・例】
・ICT福祉機器の購入費
・ソフトウェア開発費
・導入運用資金(デモの交通費・勉強会費など)

障がい者支援の一つとして、「寄付」をいただける方、企業さまがおられましたら、
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。ご連絡いただけると幸いです。

今後も、この進捗状況について、ご報告していきたいと思います。
「視線入力」を導入してみたい施設、学校がございましたら、ぜひお問い合わせください。

(文章:朝倉美保)

2 件のコメント

  • おはようございます。
    サークルの皆さんお疲れ様です。
    記事拝見させていただきました。視線入力是非広めてください。
    私の友人にも使わせてあげたいです。
    友人は13年まえに他系統萎縮症という病を発症し現在に至っています。
    子供さんの小さな頃に発症したということで一番下のお子さんはほとんど
    お母さんとの意思疎通ができなかった様に思います。
    現在では皆さんの推進される様な視線入力の技術が有るのですから今でなければ
    今後の体の機能がもっと衰えてしまわないうちにこの技術を使わせてあげたい。
    どうしたら機器の購入が出来るのかどのくらい費用を要すのか
    出来ましたらご教授いただけないでしょうか。

  • コメントを残す